水素水は疲労回復にも効果がある

2017-03-24

疲労をするというのは細胞がうまく働かなくなって、脳も体もパフォーマンスが低下する状態のことを言います。疲労がたまっていくとどんどんパフォーマンスが落ちていきますので、その状態をうまく取り除く必要があります。それを取り除く方法として水素水があるわけですが、果たしてどういう風に作用をしているのでしょうか。

エネルギーと疲労との関係は

人が生きていくためにはどうしてもエネルギーが必要になってきます。エネルギーを使う時にできる物質が活性酸素です。身体的な動きを出したり、脳を使う時にはエネルギーを必要としますが、大量のエネルギーを生み出すと活性酸素も大量に発生してしまいます。

活性酸素は適量であればエネルギー源としていい役割を行うわけですが、大量になってしまうと正常な細胞がうまく働かなくなったりします。疲労した時には活性酸素のダメージを受けた疲労物質が増加します。こういう状態になったら脳に疲労回復物質と呼ばれるシステムが働きます。

疲労回復効果は

疲労物質が作られるのを避けるためには、活性酸素を無くせばいいわけで、その効果があるのが伊藤園水素水H2などのです。疲労回復においても体を駆け巡る速さが早いですし、細胞にも直接浸透させることができますので、即効性が高いと言ってもいいでしょう。

せっかく飲むのであれば効果的に飲みたいものです。できるのであれば常温で飲むことをお勧めします。夏場であれば冷たいものを飲みたいという気持ちも分からないわけではありませんが、体を冷やすだけでなく内臓機能や免疫力の低下を引き起こし、かえって疲れが増幅するという結果にもなりかねません。

たがが疲れという風に甘く見ないほうがいい

疲れをずっと引きずると免疫力を低下させて、風邪などの病気だけでなく様々な病気の原因にもなります。そのためたかが疲れということで甘く見ないほうがいいです。疲れにくい体にするためにも水素水を摂取する方がいいでしょう。

水素水は冷え性改善にも効果があるのか?

男性の40%、女性の70%近くが冷え性であると言われています。冷え性になるということはそれだけ生活スタイルが変化したり、運動習慣の少なさやストレスなどが大きくかかわってきます。今回は冷え性の原因とそれによる水素水の効果について見ていくことにします。

冷え性の原因は

冷え性と言うのは季節や気温に関係なく体の一部が常に冷たいという状態のことを言います。その原因と言うのは自律神経の乱れや女性ホルモンの乱れ、筋肉量の低下などがあるわけですが、いずれの原因にも共通することは最終的に血行が悪くなるということです。体温の調節が効かずにそれにより冷えにつながってくるわけです。

実はもう一つ原因が考えられて、それは活性酸素だと言われています。活性酸素が増えすぎると血液中の悪玉コレステロールを酸化させることで、血管が老化していきます。血管が老化すると血液の流れが悪くなって、冷え性になっていきます。

冷え性になると免疫力が低下していきますので、あらゆる病気になりやすくなりますし、基礎代謝が落ちますので、太りやすくなりますし、生理痛がひどくなったりもします。冷え性によっていろいろと不都合なことが起こりえます。

冷え性を改善するためには?

冷え性を改善するためにはストレスを無くしたり、適度に運動をしたり、温かいものを摂取したりするなども大切なことですが、活性酸素を取り除くために水素水を飲むことも大切です。体を温めるために水素風呂も効果的に働きます。冷え性の方であればわざわざ冷やして飲む必要はなく、常温で飲むことをお勧めします。普段の飲料水を仙寿の水などの水素水に変えるだけでも全然効果出てきます。血流が良くなれば冷え性の改善にもつながってきます。

血流を良くするために摂取する

冷え性の状態というのはさまざまな病気や体調不良の原因にもなりますので、十分に注意をしないといけません。こういう機会に水素水を取ることができれば改善効果が見込めるでしょう。

関連記事

    None Found

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

Copyright(c) 2017 機械音痴な私でも使えた!~使いやすいウォーターサーバーをまとめてみた~ All Rights Reserved.