Archive for the ‘水素水とは’ Category

水素水は疲労回復にも効果がある

2017-03-24

疲労をするというのは細胞がうまく働かなくなって、脳も体もパフォーマンスが低下する状態のことを言います。疲労がたまっていくとどんどんパフォーマンスが落ちていきますので、その状態をうまく取り除く必要があります。それを取り除く方法として水素水があるわけですが、果たしてどういう風に作用をしているのでしょうか。

エネルギーと疲労との関係は

人が生きていくためにはどうしてもエネルギーが必要になってきます。エネルギーを使う時にできる物質が活性酸素です。身体的な動きを出したり、脳を使う時にはエネルギーを必要としますが、大量のエネルギーを生み出すと活性酸素も大量に発生してしまいます。

活性酸素は適量であればエネルギー源としていい役割を行うわけですが、大量になってしまうと正常な細胞がうまく働かなくなったりします。疲労した時には活性酸素のダメージを受けた疲労物質が増加します。こういう状態になったら脳に疲労回復物質と呼ばれるシステムが働きます。

疲労回復効果は

疲労物質が作られるのを避けるためには、活性酸素を無くせばいいわけで、その効果があるのが伊藤園水素水H2などのです。疲労回復においても体を駆け巡る速さが早いですし、細胞にも直接浸透させることができますので、即効性が高いと言ってもいいでしょう。

せっかく飲むのであれば効果的に飲みたいものです。できるのであれば常温で飲むことをお勧めします。夏場であれば冷たいものを飲みたいという気持ちも分からないわけではありませんが、体を冷やすだけでなく内臓機能や免疫力の低下を引き起こし、かえって疲れが増幅するという結果にもなりかねません。

たがが疲れという風に甘く見ないほうがいい

疲れをずっと引きずると免疫力を低下させて、風邪などの病気だけでなく様々な病気の原因にもなります。そのためたかが疲れということで甘く見ないほうがいいです。疲れにくい体にするためにも水素水を摂取する方がいいでしょう。

水素水は冷え性改善にも効果があるのか?

男性の40%、女性の70%近くが冷え性であると言われています。冷え性になるということはそれだけ生活スタイルが変化したり、運動習慣の少なさやストレスなどが大きくかかわってきます。今回は冷え性の原因とそれによる水素水の効果について見ていくことにします。

冷え性の原因は

冷え性と言うのは季節や気温に関係なく体の一部が常に冷たいという状態のことを言います。その原因と言うのは自律神経の乱れや女性ホルモンの乱れ、筋肉量の低下などがあるわけですが、いずれの原因にも共通することは最終的に血行が悪くなるということです。体温の調節が効かずにそれにより冷えにつながってくるわけです。

実はもう一つ原因が考えられて、それは活性酸素だと言われています。活性酸素が増えすぎると血液中の悪玉コレステロールを酸化させることで、血管が老化していきます。血管が老化すると血液の流れが悪くなって、冷え性になっていきます。

冷え性になると免疫力が低下していきますので、あらゆる病気になりやすくなりますし、基礎代謝が落ちますので、太りやすくなりますし、生理痛がひどくなったりもします。冷え性によっていろいろと不都合なことが起こりえます。

冷え性を改善するためには?

冷え性を改善するためにはストレスを無くしたり、適度に運動をしたり、温かいものを摂取したりするなども大切なことですが、活性酸素を取り除くために水素水を飲むことも大切です。体を温めるために水素風呂も効果的に働きます。冷え性の方であればわざわざ冷やして飲む必要はなく、常温で飲むことをお勧めします。普段の飲料水を仙寿の水などの水素水に変えるだけでも全然効果出てきます。血流が良くなれば冷え性の改善にもつながってきます。

血流を良くするために摂取する

冷え性の状態というのはさまざまな病気や体調不良の原因にもなりますので、十分に注意をしないといけません。こういう機会に水素水を取ることができれば改善効果が見込めるでしょう。

水素水で薬を飲んでも問題はないのか?

2017-03-19

普段から薬を飲んでいる人の中には、水素水と薬を一緒に飲みたいという風に思っている人もいるのではないでしょうか。しかし、薬と一緒に飲むことによって副作用が無いかとか、効果が薄れるのではないかという心配をされる人もいるかもしれません。実際に問題が発生することはあるでしょうか。

薬との飲み合わせて問題が発生する確率は低い

糖尿病やがん、リウマチなどの臨床試験において、薬と水素水との飲み合わせで何らかの問題が発生する確率は低いというデータが発表されていますので、別に一緒に薬を飲んでも大丈夫だと言えます。ただし、安全性が実証されているのはあくまで純粋な水素水だということです。

色んな形態で販売されているわけですが、水素を生成する器械にて製造されたものと言うのはどうしても水酸化マグネシウムが残ってしまいます。気軽に生成することができるということから少し注意をする必要があります。

ミネラルウォーターとよく比較されるわけですが、薬の種類によってはミネラル分が薬の成分を包み込むために、思ったよりも効果が低くなるということがありますが、水素水の場合は水素以外に余計な成分がないために、飲み合わせの問題はないです。

人工透析患者は注意をする必要がある

水素が含まれている水を飲み始めると普段以上に水分を取りやすくなるということもあって、普段よりも飲みすぎることがありますが、大量に飲んだとしてもすぐに効果が出るということはありませんので、飲み過ぎには十分に注意をしてください。

特に腎不全などで人工透析をしている人と言うのは、水分を摂取する上で制限が課せられていますので、特に注意を要します。できることであれば、飲む前に医師に相談をしておいたほうがいいでしょう。

薬と一緒に飲んでも構わない

薬と一緒に仙寿の水のような水素水を飲みたいという人もいますが、基本的には全然構いませんが、人工透析患者のように水分摂取制限がある人は注意をしてもらう必要があります。

水素水には副作用はないのか?

雑誌やテレビなどで医学や美容の世界において注目されている水素水なのですが、さすがに良い点ばかり紹介されている点について疑問を感じる人もいるのではないでしょうか。果たして水素自体に関する安全性や副作用の心配はないのでしょうか。

厚生労働省に認可されている

厚生労働省に対して認可を受けるためには健康を害することがないかどうかを厳しく検査されるわけです。実際に食品添加物として健康に害がないということが認められています。1995年に認可をされたわけですが、その後も継続的に検査が行われています。現在もきちんと認可されているので、安心してもいいでしょう。

過剰に摂取されていても呼気として出ていく

高濃度水素水ルセナのような水素水を飲むことで体内の水素が増えていくということも良くないという風に思うかもしれませんが、取り入れすぎて活性酸素の除去に活用されなかったものについては呼気として自然に体外へと抜けていきます。体内に溜まったとしても自然に出ていきますので、危険性があるわけではありません。

水素水と言うのは人体に無害な水素に水が合わさったものですので、体に悪いものではありません。正直言って副作用の心配はないと言ってもいいでしょう。

好転反応が出ることがある

人によっては水素水を飲んだ人に身体にかゆみが出たとか、吹き出物ができた、下痢になってしまったというような反応が出ることもあります。これは副作用ではなく好転反応です。好転反応とは一時的に悪い症状が出ることを言い、こういう反応が出るとすぐに症状が改善されて正常な体に戻っていきます。好転反応は必ず出るというわけではないので、出なかったとしても心配する必要はありません。

副作用はないと考えてもいい

水素水を飲むことに対して不安を感じている人もいるかもしれませんが、厚生労働省に認可されていますし、過剰に摂取したとしても体外に抜けてしまいますので、何らかの副作用が起こる可能性は限りなく低いです。

水素水の保存について

2016-06-08

水素水にもかなりの注目が集まってきています。それもやはり水素の高い効果に期待しているからとも言えます。

水素水の特徴

水素水の効果を再度確認してみましょう。水素は、原子の中で一番軽い存在です。しかも、常温の中では無味無臭の気体です。そんな危殆が他の物質とも結合しやすい性質があります。
そして、水素は体に入ると活性酸素とくっつく傾向があります。その結果中和という形で、活性酸素が、消えてしまうのです。

活性酸素がなくなると

実は体は活性化されるようになります。その結果、たとえばコラーゲンを活性化させたり、消化を活性化させたりします。これらにより肌の質がよくなったり、脂質がたまりにくくなったりしてダイエットしやすくなるなど、美容にも効果を発揮させるのです。

水素水は作れるけれども

そんな水素を水に入れた水素水が、注目を集めるようにもなりました。水ならば誰でも毎日、飲むこともできて、さらにとりやすいです。
そこで、水素水サーバーもでてきています。それにより高濃度の水素をとれるようにもなりました。
しかし、サーバーの購入やレンタルは高かったりするので、早々簡単にできるものでもありません。
そこで、自分で作る人も出てきました。マグネシウムのスティックを使うことで、なんと自分でも作ることは出来ます。
しかし、作るのはできでも課題も実はあるのです。それは保存です。

自分で作った水素水は保存できるのか

水素水の水素はそのまましておくと、だんだんと抜けていってしまいます。自分でも作れますが、代わりに時間もかかったりします。それだけ長く時間がかかっているのに、抜けるのはけっこう早かったりするので、気を付ける必要があります。もしも、保存をしておきたいのであれば、まずはペットボトルやビンでの保存があります。
やはりペットボトルやビンの口をしっかりと閉めて、漏れないようにしましょう。あらかじめ空の状態で閉めてみて、それを水の中に入れてみて、空気のもれがないか確認をしましょう。また水がペットボトルやビンに入ってきたら、どこかに小さな穴があいているでしょう。
ペットボトルやビンに保存するか、また水をやはり凍らせるなんて方法もあります。水素水も水なので、それを冷凍庫で凍らせて保存もありなのです。ただ、凍らせるまでにも抜けてしまうので要注意です。

最後に

水素水を自分でもつくって飲んでいる人も多いのですが、やはり保存するよりは飲むだけを作って、すぐに飲んでいる人が多数のようにも見えます。保存をしても作ったときよりも抜けているので、作った直後に飲むことをお勧めします。

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

Copyright(c) 2017 機械音痴な私でも使えた!~使いやすいウォーターサーバーをまとめてみた~ All Rights Reserved.